福岡県北九州市の木工教室です。

タモの木目が美しい!学習机

木工教室ブログ:2019/7/12

ご家族のために

学習机

小学生のお子様のために作られました。

引き出し部分が、周りの木目と繋がってイイ感じです。

デザインは家具マスターコース(機械)の課題を参考にされました。
家具マスターコースのコンソール



タモの木目が美しい!

学習机の甲板
すいません。お箸とフォークは別の方の作品です。

タモの木目が冴えていますね。

作品の一時展示室で撮影したのですが、木のカトラリーとの相性も良いようで…。

取っ手も手作り

学習机の引き出しの取っ手


強靭な接合

引き出しの接ぎ手

家具の中で、傷みやすいのココなのですが、今回、強靭な「包みアリ組み接ぎ」で接合されました。

包みアリ組み接ぎは、家具マスターコースの必須課題ではあるのですが、Eさんは、家具基礎コースを修了したばかりで…。

マスターコースのなかから、この接ぎ手だけを技術習得して頂き、この引き出しを作られました。

包みアリ組み接ぎ

包みアリ組接ぎ

家具マスターコースで、習得すべき接ぎ手のひとつです。

その接ぎ手のなかでは、割と簡単なほうです。


以下、技術的なお話。。。。ご興味の方へ。

本来の「包みアリ組み接ぎ」は、手加工でしかできない。


下の画像は、工場で作られた家具の引き出しで、「包みアリ組み接ぎ」で接合しています。
量産品の包みアリ組接ぎ

量産品なので、当然、機械を使用しています。主に高級系の家具に見られます。

家具工房で、包みアリ組み接ぎを機械で作る場合、「トリマーやルーター」と「ダブテールジグ」で作ります。
ダブテールジグ
<ダブテールジグ>

普通の組み接ぎや、アリ組み接ぎは上記の機械で、手加工と同じように出来るのですが、包みアリ組接ぎは同じようにはできません。工場で作る量産品でも同じです。


【機械加工と手加工の比較】
機械による包みアリ組接ぎ
<機械加工>

手加工による包みアリ組接ぎ
<こちらは、手加工>

外見上の構造は、手加工の場合と同じ。


でも、ばらしてみると、
機械による包みアリ組接ぎ
<機械加工>

手加工による包みアリ組接ぎ
<こちらは手加工>


機械加工の方には丸い部分がありますね。

機械で加工すると、女木の角が丸くなってしまうため、男木もそれに合わせて丸くしています。

丸くしたくないのに、丸くならざるを得ないのです。

だから、どうしたの?

強度的に、板厚が同じあれば、手加工優位です。

自由作品コース、北九州市、男性>



◆木の家具工房「メープルモデューロ」
Tel:093-341-0838