福岡県北九州市の木工教室です。

作業机!一番乗り

木工教室ブログ:2021/6/1

最近何かバタバタしており、ブログの更新が遅れ気味、

いつも見られている方、申し訳ございません。


今日は、先日、選択作品に加えたばかりの作業机のご紹介です。

一番乗りのHさんの作業机です。



作業机の骨格はツーバイフォー材、

天板(甲板)はランバーコア合板、

DIY仕様で、教室で作る本格的な家具に比べ、完成が早い!



この作品の特徴は

⇒ 以前のブログ(シンプルかつ頑丈!組立式の作業テーブル)

をご参照下さいませ (^^



穴との合わせ

作業台の骨格部分

骨格部分の丈夫には、丸棒4つが突き出ており、



作業台の甲板の裏側

天板(甲板)の裏は、4つの穴があり、これを、上の写真の4つの突起にスッポリ入れて…。


突起と穴の位置は、合わせる必要がありますが、あまり、いい加減に作ると合いません。


骨格部分の直角さえ、しっかり出しておけば、あとは、寸法通りに加工すれば割と簡単に合います。

Hさん、問題なく、4つの突起が、穴の中へ、スッポリ~♪




アリ加工


(Hさんのこの部分の撮り忘れで、別の写真です)

もうひとつの、制作ポイントは、アリ溝とアリホゾの合わせになります。

うまく作らないと、合いません。



オリジナルのテキストを理解して、作業に入りますが、

あんましラフに作って、アリ溝とアリホゾとの間の隙間が大きいと、パカパカになって、カッコ悪いです。

詳しいお話は、次の方の作品の時に!



<福岡市、男性>




◆木の家具工房「メープルモデューロ」
Tel:093-341-0838