木工教室 ブログ
 
 木工教室HOME 》 木工教室ブログTOP



ショーケース(自由課題)



中の帆船がスゴすぎて、が帆船に…。

教室では、中の帆船を収めるための「
台とフレーム」を作られました。




接ぎ手は、下写真のように
複雑です。
本体の上部の4隅の角の接ぎ手です。




3方向からの棒が交わるところになりますが、
作るのがとて
ムツカシイ!
マスターコースの課題

ただでさえ、ムツカシイ接ぎ手は、


材料厚みが小さいと、さらに難易度大です。
Kさん、マスターを修了されているものの、かなり大変だったと存じます。


でも、
この接ぎ手は、どの方向から見ても、年輪の見える
切り口が見えず
スッキリして美しいです。


結果的には、小さい材料でこの接ぎ手を使ったことは、
帆船の見栄えを邪魔せず、
大成功ですね!





それにしても、帆船が
素晴らしい!


大変お手間をかけて頂き、教室にお持ちいただいたのですが、

梱包のダンボールから、帆船が持ち上げられたとき、
受講生皆さんの歓声が、
Wow〜!Wow〜!


海外からのキットとお聞きしているのですが、
キットと言っても、部品が出来ているのではなく、
板から部品を
切り出したり、削って形を作ったり、…。


10年前に購入して、空いた時間を利用して完成されたそうです。
アッパレです。



細いフレームは、帆船と
相性もよく素敵ですね。
Kさんお疲れさまでした。



Copyright(C)2008 メープルモデューロ All Rights Reserved.