木工教室 ブログ
 
 木工教室HOME 》 木工教室ブログTOP


2017/5/15



質が一線を超えている、木工旋盤で作った木の器たち


「皿」はよく紹介させて頂いていたのですが、

今回、コップなどの
内側をくり抜くタイプの紹介です。



「街なか」などで、
プロやアマの方の器の作品を見る機会がありますが、

質的に、イマイチなものを、時々お見受けすることがあります。



下の作品は、木工教室の受講生の方はそれぞれ異なりますが、

すべて、質が高く
一線を超えているゾ〜!

(講師の勝手な私感です)




木工旋盤で作った一輪挿し
ホワイトアッシュ

Hさんの一輪挿し(木工旋盤(木の器コース)です。

胴体の
カーブが美しい

花が引き立っていますネ。





木工旋盤コースで作った蓋つきの壺
ヒノキ


オイルで仕上げて、しっとりとした表情がイイですね。

やすらぎ感タップリ〜

Yさんの作品で、コースの3セクションでの課題にアレンジを加えられました。





木工旋盤コースで作られたコップ
ヒノキ

こちらは、Sさんの作品です。

液体が入るので、上と同じヒノキを使っていますが、

こちらはオイルではなくウレタン(無害)塗装。

むらなく塗るのは、
ムツカシイ。でもキレイに出来とります。

(コースの2セクションでの課題)









木工旋盤(木の器)コース、福岡県福岡市、男性>
<山口県周南市、男性>
<福岡県糸島市、男性>

前のブログへ ←   → 次のブログへ

Copyright(C)2008 メープルモデューロ All Rights Reserved.