木工教室 ブログ
 
 木工教室HOME 》 木工教室ブログTOP



椅子の座面の削り




椅子の座面を、削りました。

作業机


Kさん、
もともとあった選択作品の椅子を、
座面だけを削り込んだものへと変更されました。



座面を多少でも削り込むこと、
おしりと木が接触する部分が広くなるので

すわり心地は、ずいぶん良くなります。



作業机

もともとの選択作品


座面の削りの、「最後の仕上げ」だけは、
チョットだけお手伝いさせて頂きました。


初めてする作業で、綺麗に仕上げるのは、とても、
ムツカシイです。


ポイントは、
淀みのない面をつくることなのですが、
これが、なかなか、わかりにくところでありまス。


Kさん、お疲れ様でした。





--------------------------------------------
ムカシ、自分の作品作りで、
ああでもない、こうでもないと、何日もかかって、
朝から夜中まで、木をいろいろな曲面に仕上げていました。


作業は単調で、
見て触って削って、見て触って削って、
ズーッと、これの繰り返し


作業の途中、
昼、美術の作品展があったので、見に行ったのですが、
いつもと違って、作品の存在がとても大きくみえました。
作品によっては、
ビンビンに感じ、痛くさえもあります。


そんな作品の横を
素通りする人が、不思議にさえ見えました。


これって、何なんでしょう?



今ではほとんどありまシェン。
う〜ん!、日々に埋没するアタシ。





木の家具工房「メープルモデューロ」の木工教室 家具などの木工作品作りましょう
Copyright(C)2008 メープルモデューロ All Rights Reserved.